売店や食堂の代わりにも|福利厚生の一つ|自販機を設置して業績アップを図る
自動販売機

福利厚生の一つ|自販機を設置して業績アップを図る

売店や食堂の代わりにも

自販機

メーカーごとに費用は違う

最近はオフィス内のラウンジや憩いの場を作ることが目的で、飲料自販機を設置するケースも増えています。通常、飲料自販機は飲料メーカーに依頼をして設置してもらいますが、そのときに気をつけたいのがメーカーごとに顧客企業側が受け持つ費用が異なる点です。顧客企業側が受け持つ費用は電気代のみの場合が多いですが、メーカーによっては自販機代の一部を支払う必要もあります。特にこのケースのように、オフィス内といった限られた利用スペースに設置する場合は、屋外設置と違った費用分担になることもあるので要注意です。またメーカーによってはリース費用の負担を求める所もあり、この点も気をつけたいポイントです。イニシャルコストとランニングコストの両方を意識して、自販機を設置するのが望ましいと言えます。

業務効率化が進む理由とは

スーパーやコンビニエンスストア、路上の自販機などが乱立する現代で、飲料の購入で苦労する会社は少ないですが、それでも企業内に自販機を設置する所が増えています。わざわざ企業内に設置するのは、業務効率化のためのテクニックの1つです。オフィスに自販機があると、社員が外出して飲み物を買い出しに行く必要がなくなります。それだけで社員たちがより業務に時間を充てることができるので、結果的に会社の利益が上がるかもしれません。また、残業などで遅くまでオフィスに残る社員たちも、時間を問わず利用することができます。このような理由から企業内に自販機を設置する動きが進んでおり、社員同士の交流スペースとしても、活用されるようになりつつあります。